DebianのApache

普段コンパイル版apacheやRedHat版apacheを使っているとDebian版Apacheは設定ファイルの切り方がだいぶ違っていてなかなか慣れない。
ちなみにDebianでは/usr/bin/httpd ではなく/usr/bin/apache2 のようです。
これが一番混乱した気がする。

で、今回はSSLを使おうとしたのだけれども、IfModule mod_ssl.cのブロックにListenを入れて再起動しても、listenしてくれない。

色々見てみると、
mods-available
mods-enabled
という2つのディレクトリがconfディレクトリ内にある事に気づいた。

mods-availableにはLoadModule XXXX という設定がかかれたファイルがたくさん。
mods-enabledには、シンボリックリンクが貼ってあった。

mods-availableには ssl.load というファイルがあり、mods-enabledには ssl.load へのシンボリックリンクは見当たらない。という事でシンボリックリンクを作ってみた。

cd /etc/apache2/conf
cd mods-enabled
ln -s ../mods-available/ssl.load .

これで再起動をした所、IfModule mod_ssl.cのブロックにあるListenの行が有効になり、意図した通りに動くようになった。

apacheは設定してるうちに設定ファイルが肥大化して、とても見づらくなるので、まぁ、たしかにこうやって設定ファイルを細切れにしてやるのは良い事なんだけど、今まで使ってたのとはだいぶ違うから、いまいち慣れないなぁ。

まぁ、慣れの問題だから、そのうち慣れるだろう。

ちなみにこの設定ファイルの切り方はubuntuでも同じらしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。