カセットウォークマン

というかソニーがまだカセットウォークマン出してたのには驚いたw

別に新劇場版のエヴァでシンジがSDAT使ってるのを見て欲しくなったとかそういうのじゃないですよ?w
というかSDATなんてまたマニアックな規格…





買ってきてそのまま使ってみると思うような音が出ない…。
手持ちのテープを再生させるとどうしてもこもった音になってしまう。

という事で調整する事にしました。



まずはテープスピードを調整します。



横にテープスピード調整用のネジがあるので、適当な精密ドライバーで回して調整します。


次にヘッド位置の調整。

見る限り簡単に分解できそうな気がしなかったので、中にビニールテープなどを貼ってテープを持ち上げるという無茶苦茶な方法を取りました。
何枚かのビニールテープを貼り付けて高音が一番綺麗に出る所を探します。
最終的にこんな感じになった。






という感じで調整はだいたい完了。
最初に比べるとしっかりと高音も出て、クリアな音になりました。
とりあえず満足な音質です。

デジタル機器に比べてアナログはこういう微調整にとても敏感です。
でもこうやって調整して良い音になって行くのはなかなかおもしろいものです(笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。