489系のボンネット





489系のボンネット、格好いいですねー。

隣のホームに停車中の常磐線土浦ゆきの窓から撮影。
E531系の着色窓がよい感じのフィルターになってくれました(笑

しかもこの土浦ゆき、隣のホームラーナーと同時発車してくれたんで、日暮里までの間競争シーンを楽しめました。
(でも、同時に発車しても大抵常磐線が先に行ってしまい、日暮里で抜かされるんですが。ライナーに限らずいつもそうです。)


◇ うめ先生のキャラソン買ってみた



うめ先生のキャラソン(特典付)

うん、何て言うかね、気づいたら買ってたんだよ

広告

コメント / トラックバック2件 to “489系のボンネット”

  1. アキノ Says:

    パッと見で一瞬「能登」かと思いました。
    関西ではボンネットの定期運用は無くなり、波動輸送と「ふるさと雷鳥」くらいになってしまいましたが、そちらでは定期運用でまだ走ってるのが良いですね。

    まぁ、その代わりかこちらでは関東では風前の灯火になった103系がまだゴロゴロ残っているわけですが(笑)

  2. やm Says:

    後から気づいたんですが、このホームライナー古河/鴻巣は、能登の間に合い運用で、金サワ所属の489系のようです。
    能登に見えるのは当たり前ですね(笑

    東日本にしてはやたら古い車両を使ってるなと思ったら…w

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。