液晶の電源

ずーっと前に買った中古液晶の自作電源(DC-DCダウンコンバーター)がちょっと怪しいので、中に入っているスイッチング方式の安定化キットを12V側だけ強力なのに変えてみた。

で、使ったのは相変わらずな秋月の怪しいキット。1000円で売ってた物です。




一応5Aまで耐えられるらしいです。

本当は3端子レギュレーターの方が安定してて良いのですが、省電力、高効率という言葉に弱い自分はついついこういうのを買ってしまう。そして失敗する

ケースに入れるとこんな感じ



左の方にある小さいやつはHP12002Mを利用した秋月のキット。5V側はそれで対応させてみた。

簡単に組み上げて、動かしてみると、とりあえず液晶は動き出した。





でも1時間もしないうちに動きが怪しくなりました・・・・orz

具体的には操作ボタンが効かない、色がおかしい、電源が落ちるなどなど



しかし、何故か裸族の頭に付属しているACアダプタを使うと正常に動く。2~3時間動かしても症状は出なかった。
間違えなく電源に問題があるようだ。

やっぱり抵効率だけど実績があり回路が単純な3端子レギュレーターを使えって事なのかな・・・。

12Vを交換して×だったんで、次は5V側の方をいじってみようっと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。