全部VIAチップを採用した複合インターフェイス

USB2.0+IEEE1394+GigaLAN の複合インターフェイスで全部VIAチップを採用した物が存在することが判明。
知ってたらBUFFALOじゃなくてこっち買ったのに…orz

玄人志向 CHANPON5-PCI
http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1172

写真が小さくてちょっとチップが見えないけれど、ネットで調べてみると

元祖マルチインターフェース「ちゃんぽん」が帰ってきた!
「USB2.0」「GbE」「IEEE1394a」の3つのインターフェースが1枚に。
セレクト
VT6214L
VT6122
VT6306
USB2.0(外部×2、内部×2)
IEEE1394a(外部6pin×1、外部4pin×1、内部6pin×1)
1000BASE-T(RJ-45)
PCI

という事らしい。
自分が買ったIFC-PCI6GLIU2と比べると、GigaLANのチップ以外は全部同じ。
ついでに言うとIFC-PCI6GLIU2よりも安いと来た。

VIA製のUSBやIEEE1394のチップの評価は良く知らないけれど、どうなんだろ?
少なくとも今使ってて不自由は感じない。

まぁ、欲を言えばIEEE1394はTexas、USBはNEC、GigaLANはVIAという感じだろう。
(この組み合わせをするとコスト的にキツいけど)




まぁ、新しく買う気はないけどね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。