【自分用メモ】Helix Player(RealPlayer)

RealPlayerのオープンソース版のHelixPlayerを入れてみた。
正直、面倒そうだったので、公式のRPM(x86版)を利用。

依存関係で、redhat-lsb-3.1-12.3.EL.el5.centos.i386.rpm をインストール。
RPMをインストールすると、本体は /opt/helix/HelixPlayer/ にインストールされる。
適当にパスが通ってる場所にリンクを貼れば完了。

自分の場合、/opt/binにパスが通っているので、そこにリンクを貼った。
# ln -s /opt/helix/HelixPlayer/hxplay.bin /opt/bin/hxplay

以上、終了。
ソースのビルドもやろうかなと思ったけれど、面倒くさそうだったのでやめておいた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。